ComposerでCodeigniterをインストールする方法

シェアする

こんにちは、純平@junpeko516です。

今回は、Codeigniterをcomposerを使い、インストールします。

Codeigniterの特徴は、数あるPHPフレームワークの中でも、「処理速度が早い」、「初期設定を行わずにとりあえず動かすことができる」、「学習コストが少ない」という特徴があります。

フレームワークにの初学者にとって、ぴったりではないでしょうか?

また、composerがまだインストールされていない場合は、

前回の記事を参考にしてみてください。

[blogcard url=”https://junpeko.com/composer/”]

それでは、行ってみましょう。

Codeigniterのインストール

まずは、MAMPの公開フォルダに移動してみましょう。

$ cd /Applications/MAMP/htdocs

今回は、githubに公開されているkenjisさんという方が作成されたパッケージが便利そうなので、利用させていただきました。

kenjis/codeigniter-composer-installer

$ composer create-project kenjis/codeigniter-composer-installer codeigniter

実行ファイルをグローバルに移行していない場合は、下のコマンドを実行してください。

$ ./composer.phar create-project kenjis/codeigniter-composer-installer codeigniter

composer create-projectはcomposerを使ってプロジェクトを作成するのでしょう。

そして、「kenjis/codeigniter-composer-installer」からデータを持ってきて、「codeigniter」という名前のフォルダにプロジェクトを格納します。

解釈が少し曖昧ですが、そういう意味でしょう。

実行結果は下記のようになります。

これで、なんとCodeigniterのインストールは完了です。

便利すぎるコマンドですね。感謝です。

Welcomeページを表示させる

では、MAMPを起動し、URLを

http://localhost/codeigniter/public/

にしてみましょう。

Welcomeページが表示されたら、インストール完了です。

まとめ

これで、Codeigniterを学習する環境が整いましたね。

codeigniterはユーザーズガイドがしっかりしているフレームワークです。

なので、分からないことがあれば、とりあえずCodeigniterユーザーズガイドを見れば解決することも多いですね。

MVCのフレームワークを学習したいという方は、これから初めてみるのが個人的にはおすすめです。

参考

[初心者向け] Codeigniter3をComposerを使ってインストールして動かすまで
【環境構築】CodeIgniter 3をComposer使ってコマンド一行でインストール

小西純平(フォローどうぞ)

小西純平SNS (フォローどうぞ)

シェアする

プロフィール


じゅんぺー

好きなことで仕事をするため、新卒でフリーランスのテニスコーチに。3年後、未経験からITエンジニアにキャリアチェンジするという異色の経歴。史上最もテニスとIT技術を同時に愛するエンジニア兼テニスプレーヤー。未経験からのエンジニア転職ならまかせろ。
もっと詳しく見る

詳しいプロフィールはこちら