2020年京王杯スプリングカップ予想

予想

タワーオブロンドンの連覇濃厚と見る。

1200mが主戦場ですが、去年の京王杯スプリングカップの勝ち馬であり、高速馬場の東京1400mも十分守備範囲の馬です。

前走は重馬場だったことが敗因で明確ですし、今回のメンバー構成では確実に走ってくると見ています。

対抗にステルヴィオを抜擢。

前走高松宮記念は初の1200mでいいところなし。

ですが、適正的には1400m〜1600mがベストと見ていて、今回は条件好転で好走するのではと予想します。

去年の安田記念で上がり2位の足を使えていますし、高速馬場も合っていそうです。

◎ タワーオブロンドン
○ ステルヴィオ
▲ ダノンスマッシュ
△ ストーミーシー
△ ライラックカラー
△ レッドアンシェル
△ グルーヴィット
△ ラヴィングアンサー