2020年京都新聞杯予想

昨年2着のロジャーバローズがダービー制覇

今年はアドマイヤビルゴ以外にあまり強い馬がいない印象。

1強オッズで大混戦のイメージです。

アドマイヤビルゴ

6億の馬。想定オッズは1.4倍。
2戦2勝。
新馬戦で倒したフアナはフローラステークス で2着に好走。

勝てばサリオス、コントレイルとダービーを3強と言う図式になる。

ゲートの出もよく先行してうまく立ち回れるタイプ。

不安要素

  • 若葉ステークスのレースレベルはあまり高くなかった。(展開も恵まれた)
  • 瞬発力勝負のレースしか経験していない。未経験のペースになれば脆さが出るかもしれない。
  • 12頭までの少頭数しか経験がない。

シルヴェリオ

前走は早い流れに対応できなかった。
初勝利を上げるまで3戦。
レースレベルは高くなかった。

不安要素

  • レースレベルから人気では買い辛い。

ディープボンド

前走の皐月賞は10着。
前走の皐月賞と比べるとメンバーレベルが落ちるので、この馬でも通用する望みはある。
2400mで好走しているのは強み。

不安材料

  • 前走皐月賞で底が割れている。
  • アザレア賞のレースレベルが低かった

マンオブスピリット

アザレア賞を勝利したフライライクバードを倒している。
前走のツバキ賞では毎日杯で3着のダノンアレーを倒しての勝利。

京都外回りは2戦2勝。

不安要素

  • 鞍上がルメール騎手から北村騎手に乗り替わり。
  • 後ろから行く馬なので前のこりの展開になると不安。

ファルコニア

2-2-0-2と安定感のある馬。
スプリングステークスでも4着に好走。レースレベルは低くなかった。
無理に外からまくって足を無くしてしまったことが敗因。
全兄はトーセンカンビーナ。京都適正も高いはず。

不安要素

  • 今回で6戦目。消耗度合いが心配。
  • ゲートの出が悪い。後ろから行く展開になりそうで前残りになると不安。

サペラヴィ

前走山藤賞は不良馬場で2番人気に押されるも4着に大敗。前前走の水仙賞では上がり最速で3着に好走。負けた2頭は弱くない馬。

良馬場で行われる今回は巻き返しあるか。

人気はないが、穴で魅力ある一頭。

不安要素

  • 前走の不良馬場での消耗度合いが心配。
  • 後ろから行く馬で前のこりの展開になると不安。

予想

8番人気のサペラヴィ以降の人気馬は実力不足と見る。

ダート2戦2勝のプレシオーソ(6番人気)も芝での実績がないため、消す。

7番人気のキングオブドラゴンについても相対的にみて今回は馬券内は厳しいと見る。

結果6頭に絞れるので、あとはどう馬券に落とし込むかのレースで考えて行きます。

◎ マンオブスピリット
○ アドマイヤビルゴ
▲ サペラヴィ
☆ ファルコニア
△ ディープボンド
△ シルヴェリオ

京都2400mの外回りということで、やはり上がり3ハロンの上がりできっちり早い時計を出せる馬が有力です。

マンオブスピリットはそこまでスタートが良い馬ではありませんが、中段でしっかり足をためることが出来れば、きっちり抜け出してくれるのではないでしょうか?アドマイヤビルゴに勝つならこの馬かと思います。

アドマイヤビルゴは今回メンバーにも恵まれた印象で、人気通り好走しそうな印象。先行馬に有力な馬もいないので、展開が緩めば、普通に圧勝もあり得ます。

サペラヴィは実績ほど人気もなく穴として狙い目でしょう。

◎、○、▲で厚く馬券を買いたいと思います。