2020年NHKマイルカップ予想

レステンシア

全成績3-1-1-0と馬券外になったことがない馬で、抜けた人気となると思いきや、単勝3倍台。
王道ローテ。世代トップの実力は証明されているので、あとは好調をキープできていれば、勝つ確率は最も高いのではないでしょうか?NHKマイルカップはある程度ペースも流れると思っていて、この馬の脚質にも合いそうですね。

鞍上はルメール騎手の乗り替わるのも良いです。


また、メジャーエンブレムに成績が似ているのも好材料と言えるでしょう。

内枠もプラス。

不安材料

調子をキープできているかのみだと思います。

サトノインプレッサ

全レースで上がり最速を記録。
アルジャンナを倒して毎日杯を勝利しており、相対評価で能力上位は確か。
ダノンシャンティにイメージがかぶる。
毎日杯から距離短縮は好材料といって良い。

不安材料

  • 良馬場の経験がないのが気になる。
  • スタートがよくなく、後方からの競馬は、今の高速馬場だと不利になる。
  • 少頭数の経験しかない。多頭数になるとロスが大きくなる。

タイセイビジョン

ここまで5戦で3-2-0-0で安定感があり、また時計の速い馬場の方が好走できるタイプとみています。

今回の舞台は高速馬場ですので、合っているのではないかと思います。
朝日杯ではサリオスの2着と力が上位。
前走のアーリントンカップは余裕の腰の仕上げで快勝だったのもプラスです。

石橋騎手との相性もよいですね。(2-0-0-0)

不安材料

  • 東京マイルよりに対応できるかどうか?1400mの方が合っているイメージ。最後まで足が持つかが気になる。
  • 中段やや後ろから差し足を伸ばすタイプで今の高速馬場だと差し遅れの可能性はある。

ルフトシュトローム

ニュージーランドトロフィーの勝利で3戦3勝。
鞍上はレーン。
外枠。

不安材料

ニュージーランドトロフィーの勝馬(中山)での勝ち上がりのため、東京競馬場が合うかは未知数。

サクセッション

スプリングステークスで3着に好走。足をためて末脚を生かす競馬ができて来ている。
皐月賞にも出れたがここを狙ってきているのはプラス。
折り合い面の問題も解消されてきており、距離短縮も良い。

不安材料

  • スプリングステークス3着の内容と人気馬ですが、重賞では今一歩の成績。底が見えてしまっている。
  • 時計のかかる方が良いタイプで高速馬場に対応できないかも。

シャインガーネット

前走ファルコンステークスG3の勝馬。

東京のOP戦赤松賞で勝っているのでコース適正はありそう。

先行できるタイプで、今回の舞台は合ってそう。

不安材料

ウイングレイテスト

G2のマイルレースで2度馬券になったことがある馬。
前傾ラップにも対応
上がり最速の末脚を使ったこともある。

予想

本命はレシステンシアです。

例年高速決着となるNHKマイルカップで、今年も前半からペースは流れると思いますが、そのハイペースを先行し、そのまま押し切る競馬に期待したいと思います。

3番枠も良いと思っていて、先行馬がある程度外めの枠に入っているので、レシステンシア自身はすんなり先行できるのではないでしょうか。

対抗はタイセイビジョンです。アーリントンカップの内容もよかったですし、負けた朝日杯も相手がサリオスですから致し方なしという感じ。休み明け2戦目での激走に期待です。

単穴としてシャインガーネットを推します。軽い馬場は合いそうです。

馬券は2頭軸で手広く流したいと思います。

◎ レシステンシア
○ タイセイビジョン
▲ シャインガーネット