僕がフリーランスエンジニアを目指す理由

フリーランスエンジニアをめざす理由 働き方

こんにちは。

僕は、今会社員でエンジニアをやっていますが、将来はフリーランスのエンジニアになりたいなと考えています。

 

ここでのフリーランスエンジニアとは、独立した個人事業主でシステム開発を行うITエンジニアだと考えてください。

 

なぜ、正社員のエンジニアではなく、フリーランスエンジニアという働き方に注目しているのかを、今回お話ししたいと思います。


スポンサーリンク
[adsense]

フリーランスエンジニアは稼げる

正社員や派遣エンジニアよりも稼ぎやすいです。

額でいうと大体2倍から3倍になります。

 

求人を見ても経験があれば、月60万円が相場なので単純に720万円ですね。なぜ、そんなにもらえるのかというと、会社にマージンがほとんど抜かれないし、エンジニアの相場が結構高めだからです。

 

でも正社員だと月給が決まっていてその恩恵を受けづらいのです。

いくら働いて企業の売り上げに貢献しても、企業の収益が上がるだけで月給は上がらない構造。

 

僕はこれに気づいたのが、未経験でIT業界に入って半年くらいの頃でした。会社員のエンジニアは、内部留保とかいってまあまあ搾取されてますよね。まぁ経営者の立場からしたら会社の利益を伸ばすためには仕方のない事かもしれません。

 

フリーランスエンジニアはなりやすい

よくよく調べてみると、経験年数で言えば2年ほど経験を積めば、大抵の人はフリーランスエンジニアになれる実力は付くそうです。

 

実際に半年とかでフリーになったという話も聞きます。人手不足&需要高めだからでしょうか。

フリーランスでエンジニアとして働く事の難易度は、高給取りと言われる医者や弁護士と比べてそこまで高くないです。

 

20代なら、未経験からでも全然IT業界入れます。

未経験の転職なら、こちらの記事がオススメです。

プロエンジニアのエンジニアカレッジでIT未経験から転職しよう
どうも。未経験から一人前のプログラマーを目指すじゅんぺい@junpeko516です。 プロエンジニアのエンジニアカレッジというプログラミングスクールはご存知でしょうか? 無料で就職支援までしてくれるプログラミングスクール...

そこから2年ほど修行してフリーランスに転身しましょう。今の倍以上の稼げるようになるので、コストパフォーマンスも良いですね。

 

 

ライフワークバランスが良い

フリーランスエンジニアは月単価で決まります。

 

例えば、月140時間から160時間まで決まっていて、その範囲で働いてくださいという契約を交わすのです。

 

上限が決まっているので、働きすぎて鬱になったりとかいうリスク(これはめっちゃデカい)は回避できますし、プライベートとかも充実しやすいですね。

 

ちなみに、IT業界の人間関係はドライな会社が多いと思います。

飲み会とか全然ないところも多いのではと思いますよ。(僕のところはほとんどないです)

営業しなくていい

フリーランスエンジニアとして働く方法の一つにエージェントに登録し、そこから仕事を紹介してもらう形があります。(個人で営業する方法もあります)

 

この場合、フリーランスにおいて大事だと考えられている営業を全て丸投げできます。

 

エージェントの営業の人が雇ってもらう企業を仲介してくれるので、自分で営業をする必要がないのがメリットです。

 

フリーランスといっても、営業が苦手な人はエージェントにお任せできてしまうのです。

 

普通、フリーランスは営業力が必須になりますが、エンジニアの場合は営業力がなくても大丈夫な環境が整っているのです。

個人のスキルが磨ける

エンジニアにとってスキル・技術は最も大事です。

そして、スキルを磨くにはある程度現場を転々とするのが一番だと思います。

色々な環境に慣れることで、問題解決力(スキル)が高まるからです。

 

僕は今8ヶ月の実務経験しかありませんが、2年ほど実務経験を積むと結構スキルが上がるのが想像できます。

 

また、同じ会社で3年とか働いていると、大体やることが同じでルーチンワークになってスキルを伸ばしにくいという事もわかります。

 

フリーランスエンジニアになることで、スキルを磨ける環境が手に入るということです。

デメリット

確定申告などが面倒になるでしょうね。

会社員でいるとこの点を考えなくてもいいですから。

また、スキル不足で契約を切られて失業するというリスクは高まります。

まとめ:フリーエンジニアはメリットが多すぎる

今は終身雇用制度が崩壊し、正社員で我慢して働くといったメリットが減ってきていますよね。勤続しても給料が上がる保証はどこにも無いわけです。フリーランスエンジニアとして働けば自分の技術力で報酬が決まるので、努力すれば必ず評価されるのです。こういった分かりやすさも良いですよね。

 

現段階で、フリーランスエンジニアと正社員エンジニアとの間でかなり待遇差はあるので、今後フリーランスのエンジニアは増えていくと予想します。

 

その波に乗るためには、2年ほどスキルを磨く必要があるので、今いる会社でたくさんの事を学んでいけたらと僕は考えています。


スポンサーリンク
[adsense]