ギークスジョブでフリーランスエンジニアになった話【体験談】

体験談

どうも。ついに、フリーランスエンジニアデビューしたじゅんぺいです。今回は、なぜフリーランスエンジニアという働き方に変えたのか、何がきっかけだったのかについて体験談ベースで書いてみました。

前回の体験談では、2018年の5月でプログラマーとして1年が経った事もあり、1年間のまとめ記事を書いたんです。

1年間プログラマーとして働いてみて感じた事

2018.04.30

その頃はプログラマーとしての働き、仕事の楽しさなんかも感じてきている感じでしたので、あと1年くらいは今の会社を続けてそこからフリーランスエンジニアという働き方を目指そうかなと考えていましたね。

その3か月後に、会社を退職、さらにフリーランスエンジニアとして独立するなどとは全く思ってもいませんでした。

体験談ベースですので、フリーランスエンジニアになる際の参考にしていただければと思います。


きっかけはある一言

僕は、1年前にプログラマーになった頃からやまもとりゅうけんさん@ryukkeのオンラインサロンに入っています。

そのサロンの中でエンジニアさんは結構いて、業務経験1年くらいでフリーで活躍されているエンジニアも沢山いらしたので、もしかして今の僕の実力でもやれるんではないかと考えてはいました。

 

ただ、なんの根拠もなしにとりあえず2年は今の会社で修行しようみたいなことを考えるようになっていたのです。

 

そのサロンの中で、

1年間プログラマーとして働いてみて感じた事

2018.04.30

上記の記事を書いたところ、

「そろそろフリーランスいけますよ。」

という感じの言葉をかけてもらったんですね。

 

実際に複数の現役のエンジニアさんに大丈夫ですよと言われたら、もうそれはいける気しかしなくなりませんか。

僕は、なりました。(笑)

そういった形で、1年でフリーランスはちょっと早いというメンタルブロックが取り除かれたのは、結果的に良かったです。

 

そのあと実際動いてみたところ、PHP経験年数1年ちょっとでフリーランスとして独立する事になりました。

フリーランスエンジニアになれないという保証はどこにもないことに気づかせてくれたのは、オンラインサロンという環境のおかげでもあります。

会社員として働いていたら、「そろそろ独立できるよ。」みたいな事は絶対言われないですから。

エージェントに登録&はじめてフリーランスになる方対象のセミナーに参加

早速、情報を集めるために、フリーランスエンジニア向けの案件を探すために2つのエージェントにWeb登録してみました。

 

ギークスジョブとPE-BANKというエージェントです。

さらに、どちらのエージェントもはじめてフリーランスになる人向けの説明会をやっていたので、とりあえず参加のメールを送ります。

 

通常は、登録Webで登録フォームを入力して、その後個別面談という流れが一般的ですが、僕は初めてのフリーランス説明会の後に個別面談を受けました。

個別面談の際には、スキルシートの作成が必要です

セミナー画像
どちらの面談も満席だったので、今フリーランスを考えているエンジニアは多いんだなというのが印象に残っています。

 

説明会では、いくつかの資料を元に、フリーランスになると今までの働き方とどう変わるのか?どのようなサポートを受けることができるのか?

案件紹介、契約、報酬を受け取るまではどのようになるのかを詳しく説明して頂きました。

説明会と個別面談が終わったあとは、フリーランスになるに当たっての疑問や不安などは無くなりましたね。
ギークスジョブもPE-BANKもどちらも親切丁寧に説明していただきました。

 

また、個別面談では僕のスキルで紹介できそうな案件をいくつか提案もしていただきました。月単価いくらとかも聞けるので、自分の市場価値がわかります。

 

紹介できる案件などはタイミングとかもあるので、参考程度に捉えて頂きたいのですが、

僕が面談を受けた時はどちらのエージェントさんも、

営業担当者
PHPの業務経験が1年でもいくつか紹介できる案件はありますよ
と言って頂けました。

フリーランスエンジニアとしてやっていけるという手応えは、ここで確実なものになりました。

退職の決断に1ヶ月ほど悩む

フリーランスエンジニアのセミナーを受けたことで、フリーランスエンジニアになるという選択肢がかなり現実のものとなりましたが、案件を探し始めるには今の会社をいつ退職するのかを決めなければいけないです。

僕は、行動力があまりある方ではないし(変えていきたいとは思う)、未知の経験の恐怖から少し考えてしまいましたね。

junpei
うーん・・・なんかよくわからんけど不安だ。

会社を辞めてフリーランスになることに戸惑いや不安、そして上司に辞めると伝えることの恐怖みたいな感情が決断を遅らせてしまっていました。

だだ、僕が悩んでいる問題というのは、会社を辞めて仕事が見つからなかったらどうしようみたいな、考えても意味のない恐怖だということに気づいたのです。

別に1ヶ月働かなくたって、お金が底をつくわけでもなく、ましてや食えなくなるわけでも死ぬわけでもありません。

こういった感じても意味のない恐怖は、頭の中のゴミみたいなものでした。

 

また、今は売り手市場で経験年数2年くらいのエンジニアもかなり需要あります。

フリーランスで独立することで年収ベースで2倍になるのは本当のことですし、他業種でフリーランスになるのと比べてもリスクはかなり少ないです。

 

エージェントの方には見つかりますよと言われていましたが、最悪見つからなければ派遣エンジニアになればいいやと考えました。

 

フリーランスの案件を探し始める(1週間目)

上司に辞めることを相談し、退職日(7月末)が決まったことで、フリーランスの案件探しが本格的に始まりました。

8月スタートの案件をメールやLINEなどで紹介してもらい、気になった案件にエントリーしていきます。どちらのエージェントにもガンガン案件を紹介頂きました。

 

営業はエージェントの方にお任せなので、エントリーのあとは面談を受けてくれる企業があれば面談に進めます。

この時、3社の面談日程が決まりました。この間で1週間くらいです。

フリーランスの案件の面談を受ける(2週間目)

案件を探し始めて2週目に入り、実際に面談を受けていきます。

 

面談の形は、エージェント会社の営業の方も含めた3者で行います。派遣エンジニアの面談、SESの面談とよく似ていました。

違うのは、自分が個人事業主という点です。

 

30分から1時間ほどの面談時間の内容は、

  • 僕自身のスキルレベルの確認
  • 案件に参画した場合の業務内容の確認
  • その他不明点の質問など

でした。

 

ちなみに、履歴書出してないので、どこの大学を出たとかエンジニアやる前は何をしていたのか(テニスコーチ)は聞かれませんでした。

 

業務経歴のみが判断材料になる感じです。

合計3社の面談を受けた数日後、案件を探し始めて2週間程度で1社案件を受注する事ができました。

他の2社は技術が足りないという理由で失注でした。

 

もし、全て失注していたらまた一からエントリーするという感じです。

営業を始めて2週間とかで終了したのでスピード感がありましたよ。

案件が決まったあとは、1日だけ契約の関係でギークスジョブの大阪事業所に出向きましたが、あとは有休消化でのんびり過ごしました。

働き始めて感じること

8月頭より、フリーランスエンジニアとして働き始めて2週間が経ちましたが、

  • 業務内容はPHPの開発
  • 週5のフルタイム
  • 大阪市内まで通勤

ということで、今までとやっていることにそこまで大きな変化はありません。

 

週5の稼働なので、今までと変わらず電車通勤しています。

また、PHPを使ったシステム開発の契約なので、業務内容が大きく変わる事はなく、今までの経験を元に問題なく業務を進めることができていて、安心しました。

 

仕事内容は変わらず、金銭面で前職の約2倍のお金を頂いているので、独立してよかったというのが正直な気持ちです。サービス残業という概念がないのも嬉しいですね。今までは、いくら働いても固定給だったので、待遇に関してかなり満足度は上がりましたね。

僕には娘が1人居ますが、会社員だった頃の年収や残業の量だと2人目は考えづらい状況だったので、ほんとよかったです。

 

会社員と違って、スキルが足りていなければ契約を切られる世界ですが、今のところやっていけそうな感じはあります。

単価に見合うようなパフォーマンスができるように、スキルアップに励みます。

オススメエージェント紹介

今回、独立するにあたり、2つのエージェントを利用させて頂きました。

IT系フリーランス、フリーエンジニアの仕事探しは【ギークスジョブ】

【Pe-BANK】
です。

 

PHP開発経験1年程度の僕にたくさん案件を紹介して頂いたり、またフリーランスになるに当たって丁寧な説明などを行って頂いたりと満足度はどちらも満点に近いのですが、今回はタイミングなどもあり、ギークスジョブで紹介された案件に参画する事になりました。

両エージェント共に大阪での保有案件数が豊富なので、東京以外の地方でもフリーランスをやるなら登録必須ではないかなと思っています。

今エンジニアは需要が供給を上回っていて、かなりの追い風が吹いていますから、独立して待遇をアップさせるにはチャンスです。

登録するだけなら、別に会社を辞める必要はないし、個人面談を受ければ自分の市場価値も知ることができます。

一旦登録しておけばいつでも案件探しに移れますし、登録して準備しておく事はオススメですよ。