人間関係で会社を辞めたくなった人に伝えたいエンジニアという生き方

体験談

転職というのは結構ネガティブにとらえられがちですが、自分を見つめ直すことが出来、成長することが出来ます。

むしろ、積極的な転職は成長に必要不可欠なものではないかと今は思います。

 

どうも。一年間でエンジニアの転職を2度経験したWebエンジニアじゅんぺーです。
実は、エンジニア歴でいうともうすぐ1年になります。
この1年間で語りつくせない様々なことが起こりましたが、2度転職することで視野が広くなったと感じています。

 

さて、皆さんは仕事辞めたいと思ったことはありますか?
社会の荒波に揉まれて働いていると、「仕事行きたくないなー辞めたい・・・・」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

辞めたい理由トップ5は、

  1. お金
  2. 人間関係
  3. 休みが少ない
  4. 評価が低い
  5. 上司と気が合わない

辞めたい理由TOP5

という理由だそうです。

これらの理由ってITエンジニアになれば、割と解決できる問題だったりします。
じゅんぺーが体験してきた転職経験を元に、IT業界の実は!?な話をしていきたいと思います。

IT業界は稼げる

さて、1の理由お金。
つまり、給料が少なくて転職したいという人が多いという事実。
確かに、労働という対価と引き換えに働いているのですから、お金を求めるのは当然です。
実際、社会人になりたての新人や、未経験で中途入社した人では、給料は月20万台そこそこしかもらえません。

しかし、IT業界ではスキルレベルを上げたり、稼げる職種に転身していけばどんどん年収をアップさせることが出来るのです。
そして、エンジニア需要が拡大している今、2~3年働いて、フリーランスエンジニアになれば、月収60万は超えてしまいます。
レバテックフリーランスで働いているエンジニアは平均年収が801万円だそうです。
半端ないΣ(・□・;)


レバテックフリーランス
スキルアップしていけば年収1000万目指せる世界です。

エンジニアやるからには、ここを目指していきたいですね。

人間関係は転職で解決

他業界にいる友人に聞いた話ですが、職場内でいじめや、パワハラ、モラハラがある会社って結構あるみたいですね。
そのような会社は一刻も早く辞めたほうがいいと思いますが、転職のリスクが怖く動けない人も多いのではと思います。

 

ITエンジニアという職種は、自分の技術力が売りとなるので、別の会社に移ったとしてもつぶしが効きやすく、転職に対するハードルがかなり低いです。
また、現在はITエンジニアの不足でかなりの売り手市場ですし、2年以上実務経験がある人材なんかは欲しい企業がわんさかいます。
なので、人間関係で悩んでいる場合は、環境を変えることで解決出来るでしょう。

 

そして、ITエンジニアとしてのスキルが上がってくるとリモートワークという選択肢もあります。
自宅で働くなら、人間関係で悩む理由がなくなりますね。

休みは普通より多い?

基本的には土日祝休みの会社がほとんどです。
年末年始と、夏季休暇があり、いたって普通です。
プロジェクトが炎上した場合休めなくなる場合もあると聞きますが、稀でしょう。

まあ、メーカー等よりは少ないと思いますけども。

風邪の時はもちろん休めますし、正社員なら有休も普通に取れますよ。
テニスコーチやってた頃は、そんなのなかったのでとても新鮮でした。

人事評価は能力重視

出来る人は、どんどん昇進し、そこそこの人もスキルアップとともに年収は上がっていくでしょう。
スキルがモノを言う世界なので、全く仕事をしない窓際社員のような人は生き残れないでしょう。

まあ、実務経験を1年も積めば、1年前には想像出来ないほどスキルアップしますし、2,3年たてば大体の人がスキルアップのために転職を考えるので、そこまで人事評価は重視しなくても良いのではと考えます。

上司と気が合わない

こちらも人間関係の問題ですね。
嫌いな人というのは人ですから必ず出てくるでしょう。

だからといって、上司の機嫌機嫌をとっても持ち上げたり、自分がに嘘をついて思ってもみないことを言う必要はありません。

基本的に成果重視なので、やることをしっかりこなしておけば問題ないでしょうし、基本的に仕事はPCと向き合って行うので極力関わらないようにすることも出来ます。

まとめ

完全なじゅんぺーの体験談で記事を書いてみましたがいかがだったでしょうか?
仕事を辞めたいと思うことって、誰もが経験することだと思います。

自分自身で、どういう仕事がしたいのかをしっかり考える必要もありますが、元テニスコーチでIT未経験でも働くことのできるITエンジニアはかなりアリだと思いますよ。

未経験からの転職ならこちらの記事もどうぞ