テニス初心者には絶対壁打ちをオススメしたい理由

シェアする

こんにちは、純平@junpeko516です。

みなさんテニスの壁打ち練習って知ってますよね。

壁打ちってなんだー?って人は下の動画を見てみてください。

これ実はすごく効果的な練習ができるんです。

でも、テニスやってる人でもあんまりやっている人いないですね。

初心者の人は特に少ない。

もったいないなーって思います。

今回は、上達したいなって思うなら絶対壁打ちやった方がいいよー。

って記事になってます。

テニス初心者だけど、テニス上手くなりたいって人に特にオススメ!

では、どうぞー!


スポンサーリンク

体力がつく

僕の場合、テニスを初めて8年くらい経ちましたが、今でも時間があればやっています。

理由は驚くほど、練習効果が高いからやめられないんです。

運動不足だなって時に、ちょっとした時間にしますね。

長くて30分くらい。

20分やったら十分ですね。めちゃめちゃ運動量出ます。

壁打ちって、見た目以上にハードワークなんですよね。

なぜかというと、相手側のコートが無く壁なので、すぐにボールが返ってくるからという単純なことなんですが、短時間で、テニスに必要な筋力や体力がつくんです。

そう!壁打ちは運動不足解消、筋力・体力アップにもってこいなんです。

数多くのボールを打てる

特に、テニスを始めた頃の初心者の人にとって大事なのは、ボールのバウンド感覚をつかむことだと思ってます。

どのようにボールが飛んでくるのかを見極めるのは、テニスにおいてもっとも大事なことです。

そして、上手な人は例外なく予測力が優れています。

また、そのようなボールのバウンド感覚、予測力を身につけるには、数多くのボールを打てば自然と身につきます。

テニスは経験がものをいうスポーツなのですが、最初は、たくさんのボールを打ってバウンドに慣れることから始めてみてください。

どれだけ下手でも返ってくる

初心者同士がラリーしたら、2〜3球打ったらミスが出てしまい、打ち合いが全然続かなかったりするんですが、壁が相手ならそんな心配なし。

ホームランしない限り、必ずボールは返ってきます。

最初は、ストロークのラリーができるようになるのが大事ですから、こういったラリーが上達しやすいのも壁打ちの魅力だなと感じます。

すぐに返ってくるので、準備が早くなる

テニスは、準備の早さで上手く打てるかがだいたい決まります。

打ったらすぐに次の準備に入るのが基本です。

壁が相手なら、打ったボールを眺めていたら、次のボールに間に合いません。

すぐに構える癖がつくのは、すごくいいことだと思います。

まとめ:壁打ちはいいぞー

主なメリットをまとめてみると、

  • 体力が身につく
  • ちょっとした時間に一人でできる
  • バウンド感覚が掴める
  • 下手でもできる
  • 準備が早くなる

こんな感じー。

うん。ちょっと考えたでもメリットたくさんです。

一応個人的に感じてるデメリットを発表しておくと、それは一人だから寂しいってことぐらい。

孤独が耐えられない人には向いていません(汗)

でも、そういう人でもやってみて欲しいですね。

それくらいこの練習法はオススメ。

さぁ、壁打ちで上達してテニス楽しみましょう。

では、またね!


スポンサーリンク