MAMPをインストールしてPHPの学習環境を作ってみよう

シェアする

どうも、PHPを勉強中の純平です。

最近、PHPの学習を始めたのですが、学習環境を作るのにMAMPというアプリケーションがとても便利で使いやすいなと感じています。UIもシンプルで使いやすいんですよね。

MAMPでPHPの学習環境を作るメリットはとにかく簡単なことです。
「Apache」、「PHP」、「MySQL」を個別にインストールインストールする必要がなく、MAMPというアプリケーションをインストールするだけです。

さらに、PHPの学習を進めるのにcyberduckなどのFTPソフトなんかも不要ですし、コマンドを打つ必要もありません。

というわけで、今回はMacにMAMPをインストールする方法をまとめてみました。

とても簡単にローカル開発環境が作れてしまうので、すごく便利ですよ。

それでは行ってみましょう。


スポンサーリンク



MAMPのダウンロード方法

まずは、MAMPの公式サイトに行ってみましょう。

今回は、無料のMAMPをダウンロードします。

MAMP PROは有料の様なので今回はスルーします。

ちなみに、Windows版もあります。ここでは、Mac OS X用のファイルをクリック。

ダウンロードには結構な時間(10分くらい?)がかかりますので、気長に待ちましょう。

ダウンロードが完了したらファイルを開いて、インストールの設定へ。

特に変更せず、続けるをクリックしていきます。

Englishを選択して続ける。


ここまできたら、Macのパスワードを入力です。
ソフトウェアをインストールして、無事完了すると下の画面に。
インストールファイルは不要であればゴミ箱へ。

アプリケーションフォルダからMAMPを探し、
MAMP.appをダブルクリック。
すると、MAMPが起動します。

では、いよいよサーバーを起動させましょう。

サーバーを起動をクリック!!

ちなみに、サーバーを停止させるには、上記の起動ボタンをもう一度クリックしてください。

この様な画面が出れば、成功です。

これで、インストールは完了ですが、環境設定もやっておきましょう。

MAMPの環境設定

Preferences…をクリックすると、設定画面が開きます。

ここでは、「CHECK for MAMP PRO」がチェックされていないことを確認します。

画面上部のPortsのタブを開きましょう。初期の状態はApacheのポート番号が8888になっていますが、Set Web & MySQL ports to 80 & 3306 をクリックし、OKを選択すると、

上記の様に変更されます。

パスワードを聞かれるので、入力しましょう。

すると、MAMPのサーバーが再起動されます。

ポート8888のままでも、サーバーにアクセス出来ますが、

なぜ、ポート番号を80に変更するのかというと、ポート80に設定するとブラウザでアクセスするときに、ポート番号の指定を省略できるからです。

例えば、初期の状態で http://localhost:8888 の様にURLを入力すれば、MAMPのWEBサーバーにアクセス可能ですが、ポート80に設定していれば、http://localhost/ でアクセスできる様になります。

PHPのタブを選択すると、PHPのバージョンが確認出来ます。

Web Serverのタブを開くとMAMPのドキュメントルートが表示されています。

作成したPHPファイルなどは、今後htdocsの配下に置いていくので、確認しておきましょう。

MySQLのバージョンも確認出来ますね。

最後にブラウザを開き、URLにlocalhostと入力しましょう。

ポート番号の指定は不要です。

この様になれば、設定がうまく行われています。

これで、インストールは終了です。

お疲れ様でした!!

スポンサーリンク