MAMPのMySQLをコマンドラインで操作してみよう

シェアする

こんにちは、ローカル環境ソフト「MAMP」でPHPの学習をしている純平です。

PHPの学習を進めていくと、必ずと言っていいほどMySQLというデータベースを扱うことになります。

MySQLというと世界でもっとも普及しているオープンソースデータベースですね。

今回は、PHPの開発環境であるMAMPで、データベースをコマンドで扱えるようにしてみましょう。

前提として、MAMPがインストールされていることが条件となります。

インストールがまだの方はこちらを参考にしてみてくださいね。

MAMPをインストールしてPHPの学習環境を作ってみよう
最近、PHPの学習を始めたのですが、学習環境を作るのにMAMPというアプリケーションがとても便利で使いやすいなと感じています。UIもシンプルで使いやすいんですよね。 MAMPでPHPの学習環境を作るメリットはとにかく簡単なことです。

スポンサーリンク



まずは、MAMPとターミナルを起動

まずは、MAMPを起動しましょう。

そして、Finderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル.app」も起動します。

ターミナル.appを開いた場所はホームディレクトリと呼ばれます。

ユーザ名の左側に「~」(チルダ)がありますが、これがホームディレクトリを表します。

例えば、このホームディレクトリでMySQLにログインするためのコマンドを打つと、この様なエラーが出ます。

./mysql -u root -p

コマンドが通らない様です。実はMAMPのコマンド群はホームディレクトリには存在しないので、エラーになります。

そこで「cdコマンド」を使い、フォルダを移動してみましょう。

cd /Applications/MAMP/Library/bin/


ユーザー左側の文字がbinになってますね。作業ディレクトリが移動している証拠です。

実際にFinderで移動して確認してみるとこの様なディレクトリです。

ここで、MySQLのコマンドが実行できます。

ここで、もう一度MySQLコマンドを入力してみましょう。

./mysql -u root -p

パスワードを入力すると、MySQLのプロンプトが表示されていれば、成功です。

ちなみに、MAMPでデフォルトで設定されているパスワードは「root」です。

(デフォルトのrootユーザーのパスワードは “root”)

これで、以下の様にMySQLが実行できる様になりました。

せっかくなので、データベースを見てみましょう。

データベースを確認するには

show databases;

です。

デフォルトで3つのデータベースが存在していることがわかります。

ちなみに、MySQLをログアウトする場合、

exit

です。

以上で、MySQLコマンドは使える様になりましたが、毎回作業ディレクトリに移動するのは面倒ですよね。
なので、パスを通してみましょう。

パスを通す

Finderでホームディレクトリまで移動して、ショートカットキー「⌘ + Shift + .」 を入力してみてください。

このように隠しファイルが表示されます。

テキストエディタを開き

export PATH=$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin

と入力して、ファイル名を「.bash_profile」で保存しましょう。保存先はホームディレクトリです。

ターミナルを再起動して、MySQLにログインします。

ホームディレクトリで、

mysql -u root -p

とコマンドを入力すると、

無事にMySQLにログインできました。

これで、データベースを学習する環境が整いましたね。

お疲れ様でした。
スポンサーリンク