progateを全コースクリアした話

シェアする

どうも、Progateマスターのじゅんぺーです。
Progateというのは有名なプログラミング学習サイトですね。
とにかく初心者に優しいと評判です。
僕は、3月から有料会員になり、コツコツと継続していって、ついに4か月後の6月にすべてのレッスンを制覇してしまいました。
クリアしたとき、達成感ありすぎて約5年ぶりくらいにTwitterでつぶやきました。(笑)

実際3月ごろの僕のプログラミングスキルはかなり低かったのですが、(去年までは人差し指でタイピングしてた系の人)このWebサービスによりプログラミングに対する抵抗力が完全に無くなっちゃいました。
すごく良い経験をしたので、その良さを余すところなく伝えたいと思います。


スポンサーリンク

どんなにIT音痴でも学習可能

Progateってスタートするハードルが低いなと思います。
ぶっちゃけ事前知識がない人って、学習をスタートすることも出来ないんですよ。
フォルダとファイルの違いとか、拡張子とかがよくわかってない人が、ローカルでプログラミングを学習する環境を構築するというのは不可能に近いわけです。
僕も一年前はその中の一人だったわけですが、そのような人でも、Progateはサイトに行くだけで学習を始めることが出来るのです。
具体的にはブラウザであるGoogleChromeを用いて、ProgateのWebサイトにアクセスするだけ。
なんと、小学生でもできてしまいます。
なので、PCを普段触らない人でも安心して学習することが出来ます。

ゲーム感覚で学習できる

Progateの世界では、「にんじゃわんこ」とか「ヒツジ仙人」といったキャラクターがスライドに登場し、教えてくれます。
ゆるーい感じの会話形式で学んだり、図で説明したりしていて、分かりやすくイメージしやすいシンプルなカリキュラムになっています。

そして、スライドで学んだ事をテキストエディタに書いて、正解すれば経験値が貰えます。
経験値が貯まればレベルアップです。
これは、RPGのゲームでレベル上げをしている感覚に似ています。
この仕組みに僕はまんまとハマりました。
ホントに良くできているなと思います。

また、ランキング形式というものもあります。
僕クラスのProgateマスターになると全国21位です。

こんな感じでランキングが出ます!

他にも、週間ランキングや当日のランキングも見れたりしますよ。

Progateなら、上記のモチベーションを保ってくれる仕掛けがたくさんあるので、無理なく継続することが出来ます。

挫折しにくいカリキュラム

プログラミングって挫折しやすい分野だと思うんです。
最初は、クラスとか変数とか代入演算子とか、わけのわからん単語が次から次へと出てきます。
知らないことが一つあるだけなら、それを理解すればいいのですが、3つも4つも出てくると途端に難しくなりますよね。

ここで、こんなに覚えることあるんか。
え?代入の仕方ってこうやったっけ?
ここはカンマいるかな?
繰り返しってこれで合ってる?
あかんわけわからん???
もうやめよ・・・

ってなるんですよね。
僕もその中の一人。
Javaの入門書を買って数ページ読んで、わけが分からなくなってしまった挫折経験ありです。

しかし、Progateならスライドを見てすぐにコードを書くところから始まり、自分で解いていくスタイルをとっています。
最初はすごく簡単な課題からスタートし、少しずつ新しいコードを書きながら進んでいきます。
小さな成功体験を積みながら進んでいくのです。
この少しずつ進んでいくというのが、素晴らしく良いと思います。

また、Progateには挫折しにくい最大の理由があります。
実は内容を完全に理解できなくても、スライドやヒントをよく読めばクリアできる仕組みになっているのです。
むしろ、答えが載っちゃっているスライドも結構あります。
でも、つまずくよりはとりあえずコードを書いて慣れろってことなんでしょうね。
体育会式でとても良いと思います。

なので、最初は書籍等で学習するよりも、挫折する要素がないProgateをオススメするのです。

復習しやすい

プログラミングは反復練習が大切だと思っています。
Progateのコースを1回クリアしたぐらいでは、まだあまり身についていません。
また、学習したのはいいけど、結局1週間もしたら全部忘れてしまいますよね。
僕も最初の頃はそうでした。
また1から復習は面倒だなと思うのが普通ですが、Progateなら簡単に復習出来ちゃいます。
なぜなら細かくコース分けされており(全55コース)、1レッスン2時間ほどでクリアできるコースの中でも課題ごとにスタートしたり、止めたり出来るからです。
再開する場合は、前回書いたコードが自動でセーブされているので、辞めた時点からスタートできます。

ちなみに2週目のレッスンでも経験値が同じく貰えちゃいます。
2週目、3週目とやっていくと、だんだんクリアのスピードが上がっていくので、よりレベル上げが捗ります。
そして、そんなことをやっているうちに、1週目で理解できていなかった部分が分かるようになります。
レベル上げをしていて、気が付いたら、あ・・・変数ってこんな便利なのか!
ってな感じで分かるようになってきます。
それが、僕自身超楽しかったです。

上記のように復習しやすい環境でもあるので、どんどん実力をつけていけるんです。

無料でも13コース学べる・有料だと55コース学べる(月額980円)

55コースってめちゃくちゃ多いですね。
これを全部クリアするなんて、どれだけやってんねんと思われると思いますが・・
実際、言語ごとで共通する部分がかなりあったので、一つの言語をクリアすれば、別の言語を学ぶ時の労力はかなり少ないと感じました。

実際に、僕は最初にPHPのレッスンをクリアした時はかなり苦労した記憶があるのですが、最後にJavaのレッスンを受けてみると、なんと余裕でクリアできました(*^^)v
なぜかというと、条件分岐や、繰り返し処理などは、どの言語にもありますし、演算子の使い方などはどの言語もほぼ同じなので、
少し違うだけやないかとなるのです。
なので、もしあなたも全レッスンクリアしたときは、全ての言語はベースが同じで、書き方などが少しずつ違うだけだということが分かるでしょう。

まとめ


Progateさんには非常に感謝してます。
なぜなら、IT音痴だった僕をプログラマーに育ててくれたから。
未経験でもプログラマーを目指せますよ。Progateならね。



スポンサーリンク