仕事は100%やりたいことで決めるべき理由

シェアする

work

こんにちは、じゅんぺーです。

今回は仕事の話です。

残業時間が少ないとか、楽そうだからとか、休みが多いとか、世間体が良い等で仕事を選ぶ人は多いと思います

がしかし、消極的な理由で仕事を選んでしまうと上手くいかないんじゃないかなと最近思うのです。


スポンサーリンク

例えば、休みが多くお給料も良いという消去法的な理由で消防士になった人の場合と、人命救助をしたいといったような明確な目標があって消防士になった人の場合では、全然モチベーションが変わってきますよね。

消去法的な人の場合、体育会系のノリについていけないとか、夜勤が大変とか、意外とルーチンワークが多いとか、マイナス要素ばかりが目についてしまい、結果仕事が辛くなってしまうといったパターンに陥りやすいです。

しかし、明確な目標があって消防士になった人の場合だと、例えマイナス要素があったとしても、それを乗り越えられるだけのエネルギーがあるのでははないでしょうか。

実際、僕自身は今まで飲食のアルバイト、テニスコーチ、SIer、Webプログラマーという順に仕事を経験してきました。

そこで感じたことは、自分でやりたいと思って始めた仕事は前向きに取り組むことが出来、また自分でやりがいを見つけて働くことが出来るということです。

自分で興味を持てる分野(テニスコーチとWebエンジニア)は仕事やらされている感が全くなく、あっという間に業務時間が終わる感覚に陥ります。

仕事で辛いことがあっても、楽しいことのほうが多く、ほとんどストレスを感じずに仕事ができます。

逆に、飲食店のアルバイトとSIerはあまり予備知識がないまま、とりあえずはじめてみた仕事なのですが、興味を持ち切れずやらされている感が日に日に強くなってしまいました。

興味が持てない分成長スピードも遅いです。

そのためか、ストレスフルな環境になりがちです。

自分自身の体にも良くないし、会社にも貢献できずあまりいい事が無いのではと考えます。

この仕事やらされている感がないということが重要です。

日曜日にサザエさんの歌を聴いて憂鬱になっている場合じゃありませんよ!

サザエさん症候群にならないためにも、やはり100%やりたいことで仕事決めましょうよ。


スポンサーリンク

コメントの入力は終了しました。